Staff Blog
スタッフブログ

「はじめまして」副実行委員長 / The Nineteenth Bar の宮森 和哉です。

ウイスキーハーバー神戸

#開催準備

副実行委員長 / The Nineteenth Bar の宮森 和哉です。

 

みなさま、はじめまして。

WHISKY HARBOUR 神戸で
副実行委員長をさせて頂いております、
The Nineteenth Barの宮森 和哉と申します。

 

 

前回、同じく副実行委員長の赤井さんが
WHISKY HARBOUR神戸の成り立ちをご紹介くださいました。

 

「はじめまして」副実行委員長 / Bar Andante の赤井 献治です。

 

生まれも育ちも神戸、地元愛がとても強い私からは、
神戸と洋酒の歴史についてふれながら、
神戸でウイスキーイベントを開ける喜びをみなさまと
わかちあえるようにご紹介をいたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

神戸は1868年の開港以来、長く日本の玄関口として
西洋の文化や習慣を積極的に受け入れてきました。
映画・製靴・洋菓子・珈琲・紅茶・・・
私たちの暮らしを彩る様々なものが神戸で発展してきました。

 

その一環として、洋酒文化も横浜と並び最古の歴史を誇ります。
切り絵作家として名高い成田一徹さんの作品をまとめた
“to the BAR”でも古き良き神戸の名店が数多く紹介されております。

 

そして、単に歴史が古いだけではなく、
常に発展し続けているのも神戸の魅力です。

 

2019年、2020年にはKOBE BAR MAPが刊行され、
街ぐるみでMonkey Shoulderを使ったオリジナルカクテルが振る舞われました。
昨年は実に67年ぶりに名店「神戸サンボア」が復活するという嬉しいできごとがございました。

 

そして今年、念願であったWHISKY HARBOURを開催いたします。
神戸は洋酒文化において、今 日本で最も熱い都市と言っても過言ではないでしょう。その熱を、会場でみなさまと共有できることを楽しみにしております。

 

神戸の港町文化と洋酒の織りなすハーモニーを
みなさまに存分にお楽しみいただけますよう
実行委員一同、精進して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。